「痛くない歯医者」ってあるの?

医学は日進月歩で進化しています。

と、頭ではわかっていても、「歯医者さん=こわい」というイメージから逃れられない私。

そのトラウマは、小学校2年生の頃、乳歯の前歯を麻酔をかけて抜いたからですね。

その乳歯はびくともしていなかったんですが、「もう下から永久歯が生えてきているから、抜いておかないと出っ歯になる」と言われ、抜くことになったんです。小さかったからか、麻酔の注射がものすごくぶっとく感じました。くちびるはビリビリしびれて何倍にもふくれ上がった様に感じるし、歯を抜かれて血はドクドク出るし。

おかげで決して歯並びは良いとは言えないほうだけど、この程度で済んでいるんだと思います。この上出っ歯だったら、どんなヒサンなことになっていたか。

でも、幼心にあの麻酔注射はこわかったなぁ。だから、「痛くない歯医者」と聞いても、なかなか納得できないんです。

今は針も極細になり、最初にチクッとすることもないそうですけどね。

さらに、麻酔だけじゃなくて、笑気ガスを吸入するという方法もあるそうですよ。これだったらいいかなぁ。保険は適用にならないようですけどね。

エステ 独立の夢を叶えてからが大切

エステに行く人はかなり多いですが、

そのエステで働き腕を磨いている人ももちろんいます。

そして、ある程度の経験を積むと、自分の店が持ちたくなる。

それもごく普通の流れなのかも知れません。

エステで独立という夢を持って、実際に店を構える。

それは夢が叶ったということですが、問題はその先。

せっかく自分がオーナーになった店。

やっぱり売上げを上げたいし、お客さんも大勢来て欲しいと思うはずです。

でも、働いている時は気がつかなかった、さまざまなことをやっていかなければいけないのも事実。

エステティシャンとして働いているだけなら、技術や接客に力を注いでいるだけでよかったけれど、

オーナーになるとそうはいきません。

経営と言うことを頭に置いて、その店をどうすれば盛り立てていけるか、

常に考えていなければならないからです。

そんなとき頼りになるのがエステに特化した経営コンサルタントです。

経営コンサルタントというと、よく会社などの経営のアドバイスを行うというイメージがありますが、

コンサル業務は多種多様。

エステ経営が得意なところもあります。

集客方法、スタッフの育成など、ありとあらゆる面で強力なパートナーとして力を発揮してくれます。

 

六本木の整体院に子どもを連れて行きます。

子どもが捻挫をしたそうで、整骨院に行ったんですけど、痛み止めと関節を動かなくする治療しかしてくれませんでした。

もちろん整骨院ではその程度の治療が限界だって言うことは理解しているのですが、もう少し子どもの足なので何か別の治療法はないかって思ったのですが、六本木の整体院に出掛ければ少しだけ早く捻挫を治療することができるそうなので、明日子供を連れて捻挫を治しに六本木の整体院に出掛けて雇用かなって思っています。

でも整体院と整骨院って何が違うのかよくわからなくて、整体院にも整骨院にも通っている人に話を聞いてみると、整体院と整骨院を使い分けている人は骨に異常があるか体に異常があるかを見極めて通う病院を変えているそうです。

たとえば骨折の場合は整体院では悪化させるだけですので、整骨院に通う必要があるそうなんですが、捻挫とかぎっくり腰のように骨自体に異常がない場合は、骨の位置を元に戻すことで体の痛みを緩和する効果があるようなので、そういう自分の状態によって判断をしなければいけないそうで、今回のように捻挫であれば整体院の方がオススメなんですって。

帯広の居酒屋で個人経営店初デビュー

居酒屋って独特の雰囲気があって、「ここは常連じゃないとは入れないんじゃないか」とか考えてしまうと、個人経営の居酒屋って入ることができませんでした。

しかし北海道に旅行にいったときに、帯広に有名な居酒屋があると聞いて、初めて個人経営の居酒屋に入ってみることにしました。

あくまで個人経営のお店ですので、すべてが同じとはいいませんが、個人経営の居酒屋も悪くないと思いました。

私が訪れたお店は一心という居酒屋で、北海道、特に帯広がある十勝の名産品はもちろん扱っているんですけど、お酒の種類が豊富で北海道ならではのお酒も沢山取り扱っているので、一緒に旅行した友人と飲んだことがないお酒を片っ端しから飲んでしまったので、お腹の中でちゃんぽんをしてしまって非常に困ってしましたが楽しかったです。

初めて行った個人経営の居酒屋が帯広の居酒屋で、しかも一心サンだったから楽しい時間を過ごせたのかもしれませんが、個人経営の居酒屋を自分で発掘するのは非常に楽しいということが理解できたので、今後は勇気をもって個人経営の居酒屋にもどんどん出かけていこうと思います。

浜松 ホームページ制作に費用にあったものを作ってもらう

様々な会社、そしてお店では1人でも多くの人たちに商品などを知ってもらうために

色々な手段を考えていることでしょう。

その1つに「広告」があります。

最近ではインターネットを見ることができるという環境が広がってきていますから

ホームページから宣伝をしようと心掛けているところが多いのではないでしょうか。

様々なホームページがありますが、これを作成するというのはとても大変なことだと

思います。

インパクトがある広告にすることで、多くの人たちに知ってもらうことができるのでは

ないでしょうか。

そこで浜松 ホームページ制作に依頼をして、その思いを叶えてもらっては

どうでしょう。

費用に合ったものを作成してくれるんですよ。

もちろん、それだけではありません。

高度な技術を使ってのホームページ作成になりますので、とても素晴らしいものに

仕上がると思います。

「ホームページよりも紙ベースがいい」という人もいるでしょう。

紙ベースの広告も作成してくれるんですよ。

印刷もきちんと行ってくれますから、安心してお任せが出来ますね。

1人でも多くの人たちに知ってもらうための方法の広告。

その広告から、多くの人たちに知ってもらうことができれば嬉しいですね。

犬のしつけは、服従訓練と陽性強化と大きく二つに分けられるそうですよ

町田康著『スピンク合財帖』(講談社)という本を読みました。

作家(=主人)の飼っているスピンクという5歳の雄犬からの視点で書かれています。白いスタンダードプードルだそうで、ところどころに出ている写真を見ると、ぬいぐるみみたいでかわいい。

他には、仲間の犬、キューティーとシード、美微さん(作家の奥さん)、ポチ(作家=主人のことをスピンクはこう呼んでいる。半分犬のようだからって)が主な登場人物(動物)。

スピンクから見た作家の生活が書いているわけで、現代版『吾輩は猫である』の犬バージョンといった趣。

この中に『ポチの引き倒し』という章があるのですが、リードを引っ張り何度もポチ(=主人)を引き倒したので、訓練・トレーニングに通うことになった旨が書いてあります。つまり、犬のしつけですね。

そこで書いてあったのですが、訓練の方法には服従訓練と陽性強化と大きく分けて2通りあるのだそうです。

服従訓練は、飼い主が絶対的な存在として君臨し、飼い犬を自由にコントロールします。首に衝撃を与えて転がしたり殴打して、徹底的に心を挫くことで命令に従わせるやり方。

もうひとつの陽性強化は、良いこと、たとえば「お座り」と言ったらちゃんと座った、など言うことを聞いたら、いっせいにワントーン高い声で褒めまくり、良い気分にさせて、どんどん言うことを聞くようになる、というやり方です。

ポチは服従訓練方式では気が弱くて徹底できなかったので、陽性強化方式で訓練することになったようです。その成果は如何に?

悩める子ヒツジの強~い味方、電話占い

ちょっと気になることがあって、それがどんどん大きくなって、

気が付けばものすごく大きな悩みになっていた。

なんて、そんなことも人生にはありますよね。

友達に相談してすぐ解決できることなら、たぶん、もっと早く相談していたはず。

それが出来ないから、出来たとしても解決しないから悩みになってしまうんです。

昼間は仕事や勉強、夜は恋人や友達と一緒にいて、悩みなんて忘れてしまっていても、

1人になるとその問題が頭から離れなくなる。

そんな時、電話占いを利用する人も多いようです。

電話占いは、電話で鑑定士の先生に直接相談できるところです。

もちろん、電話だったらスマホでも携帯でも、固定電話でもなんでもOK。

昼間も占ってもらえますが、営業時間がかなり長く、

深夜もやっているところが多いので、時間を気にせずかけることができます。

そしてもう一つ。電話占いが人気を呼んでいる理由は

直接会って相談しなくてもいいというところです。

相談しようと決めても、先生に面と向かって個人的な悩みって相談しにくいもの。

でも、電話なら話しやすいし、いろいろなことをじっくり話すことができます。

友達に電話をする気持ちで、気軽に悩み相談。

今はそんな時代なんですね。