エステ 独立の夢を叶えてからが大切

エステに行く人はかなり多いですが、

そのエステで働き腕を磨いている人ももちろんいます。

そして、ある程度の経験を積むと、自分の店が持ちたくなる。

それもごく普通の流れなのかも知れません。

エステで独立という夢を持って、実際に店を構える。

それは夢が叶ったということですが、問題はその先。

せっかく自分がオーナーになった店。

やっぱり売上げを上げたいし、お客さんも大勢来て欲しいと思うはずです。

でも、働いている時は気がつかなかった、さまざまなことをやっていかなければいけないのも事実。

エステティシャンとして働いているだけなら、技術や接客に力を注いでいるだけでよかったけれど、

オーナーになるとそうはいきません。

経営と言うことを頭に置いて、その店をどうすれば盛り立てていけるか、

常に考えていなければならないからです。

そんなとき頼りになるのがエステに特化した経営コンサルタントです。

経営コンサルタントというと、よく会社などの経営のアドバイスを行うというイメージがありますが、

コンサル業務は多種多様。

エステ経営が得意なところもあります。

集客方法、スタッフの育成など、ありとあらゆる面で強力なパートナーとして力を発揮してくれます。

 

六本木の整体院に子どもを連れて行きます。

子どもが捻挫をしたそうで、整骨院に行ったんですけど、痛み止めと関節を動かなくする治療しかしてくれませんでした。

もちろん整骨院ではその程度の治療が限界だって言うことは理解しているのですが、もう少し子どもの足なので何か別の治療法はないかって思ったのですが、六本木の整体院に出掛ければ少しだけ早く捻挫を治療することができるそうなので、明日子供を連れて捻挫を治しに六本木の整体院に出掛けて雇用かなって思っています。

でも整体院と整骨院って何が違うのかよくわからなくて、整体院にも整骨院にも通っている人に話を聞いてみると、整体院と整骨院を使い分けている人は骨に異常があるか体に異常があるかを見極めて通う病院を変えているそうです。

たとえば骨折の場合は整体院では悪化させるだけですので、整骨院に通う必要があるそうなんですが、捻挫とかぎっくり腰のように骨自体に異常がない場合は、骨の位置を元に戻すことで体の痛みを緩和する効果があるようなので、そういう自分の状態によって判断をしなければいけないそうで、今回のように捻挫であれば整体院の方がオススメなんですって。