タバコのポイ捨て185万円

シンガポールといえば街中はゴミ一つない綺麗な街という印象

それにIT企業で賑わっているイメージですね

そのシンガポールでタバコのポイ捨てで罰金185万円を受けた男性がいるんです

街中でのポイ捨てではなく、自分の住むアパートから屋外に捨てていたんだとか

何回か注意を受けていたようですが、その常習性と悪質性からこの金額になったみたいです

私も煙草を吸う身、以前は道路にポイ捨てをよくしていました

家族からは携帯灰皿を持ってとよく言われていたんですが、持つこと自体面倒でしたからね

今では外に出る時は煙草を持たないようにしているんです

ニコチン中毒症状が出るかと思ったら、これが意外と大丈夫なんですね

自分でも簡単に禁煙できるんじゃないかって思えるほどですよ

そのシンガポール、住んでいる人の7割は中国系なんだとか

つまり汚いイメージしか名中国人もきちんとした教育を受ければ街を綺麗に出来る事が出来るんですよね

という事は今の中国本土ではそういうマナーの教育が出来ていないという事

シンガポールを手本にして欲しいですね

社会人になりたての頃はとにかく身だしなみというものが気になりますがそれほど良い物はやっぱり着れませんよね

でも頑張って社内での地位も上がり信用も得てくるとやっぱり身だしなみというものは大切になってきます

その中でスーツもそうなんですが、かっこよく決める時はやっぱり靴

この靴のお薦めはやっぱりオールデンです!靴を見ればその人のセンスが分かるというものですね

ここはネット販売だけど、なんと安心なことに「無料サイズ交換保証」というものが有るんです

せっかく買ったのに自分の足のサイズに合わなかったら交換してくれるんですね

高い買い物だけに満足のいく一足がきっと得られますよ

子育てカウンセラーの資格をとる人は増えています

子育てには誰もが苦労します。
子育てに苦労しない人はいないですね。
多くの人が苦労する子育てですから子育てカウンセラーの需要は伸びています。
子育てカウンセラーの役割は大きいですからね。
子育てに限った事ではないですけど、カウンセラーの力は必要です。
専門家に相談したいと思う人は多いですからね。

子育てカウンセラーの需要は多いから子育てカウンセラーの資格をとる人はたくさんいます。
でも、子育てカウンセラーの資格をとる人のほとんどは子育て経験がある人です。
子育ての経験がある人は子育てに苦労している人の気持ちが分かりますからね。
子育ての相談も同じ苦労をした人にしたいですからね。
同じ苦労をした人に相談したいですから子育てカウンセラーの資格も必然と子育て経験がある人が多くなっています。
子育ては経験した事がある人でないと分からないものがあります。
子育ての経験がない人では分からない事も多々あります。
子育てカウンセラー次第で子育てが変わっていくといっても過言ではないでしょうね。

子育てカウンセラーだけではなくて、どのカウンセラーにも言える事ですが、自分の言葉次第でその人の人生が大きく変わる事が多々あります。
良い方へ変われば良いのですが、悪い方へ変わる場合もあります。
子育てカウンセラーの資格をとる人は多いですが、大事場仕事をするという事は肝に銘じておいた方が良いです。

JR野田駅の歯医者は予防に最適

歯科といっても、いろいろな種類があります。
矯正、予防、審美、治療、口腔外科といったものです。
どれもとても大切なものですが、その中でも最も重要視されるのが予防歯科になります。

虫歯になるのを予防できれば、その他の歯科は必要はなくなると言っても過言ではありません。
ですから、良い歯科医院を選ぶ時には、予防歯科を行っているクリニックなのかどうかを見てみると、良い歯医者を選ぶ助けになります。
そんな予防歯科にも力を入れているJR野田駅の歯医者がありました。

この歯医者の名前は、玉川歯科診療所といいます。
歯科業界では80歳になっても20本の歯を残すという運動が行われていて、8020運動といわれています。
この歯科医院でももちろん8020運動が推進されていて、その一環として予防歯科に取り組んでいます。

定期的に歯科医院に来てもらい、口腔内の状態をチェックしクリーニングを行ってくれます。
例えば、ブラッシング指導、歯のクリーニング(スケーリング)といった作業があります。
こうしたチェックによって、歯の周りに付いてしまっている歯垢を取り除き、さらに付着しにくくしてくれます。

「痛くない歯医者」ってあるの?

医学は日進月歩で進化しています。

と、頭ではわかっていても、「歯医者さん=こわい」というイメージから逃れられない私。

そのトラウマは、小学校2年生の頃、乳歯の前歯を麻酔をかけて抜いたからですね。

その乳歯はびくともしていなかったんですが、「もう下から永久歯が生えてきているから、抜いておかないと出っ歯になる」と言われ、抜くことになったんです。小さかったからか、麻酔の注射がものすごくぶっとく感じました。くちびるはビリビリしびれて何倍にもふくれ上がった様に感じるし、歯を抜かれて血はドクドク出るし。

おかげで決して歯並びは良いとは言えないほうだけど、この程度で済んでいるんだと思います。この上出っ歯だったら、どんなヒサンなことになっていたか。

でも、幼心にあの麻酔注射はこわかったなぁ。だから、「痛くない歯医者」と聞いても、なかなか納得できないんです。

今は針も極細になり、最初にチクッとすることもないそうですけどね。

さらに、麻酔だけじゃなくて、笑気ガスを吸入するという方法もあるそうですよ。これだったらいいかなぁ。保険は適用にならないようですけどね。