ISD個性心理学とは?

人間には個性があります。普通の人というのは正確に言っていません。
みんなが違う個性を持っているのは普通のことなのです。その個性を研究したものがISD個性心理学ということになります。
ISD個性心理学とは人間の個性を研究しその情報を統計にしたものです。分類学の一部に属しています。

人間が本来持っている性格や考えの統計をとり、人が持っているモノのとらえ方や焦点の違いを認め、理解するという学問です。
ISD個性心理学がどんなところで役立つかというと人間関係のストレスや摩擦を軽減させるときなのです。
自分や他の人の性格や個性を知ることができれば、それに合わせて接することも可能になりますよね。
こうしてISD個性心理学が様々な場面で役立てられています。

まず生年月日を定義します。アルゴリズムとも呼びますが、それぞれの個性を分類し、把握します。
大きく分けて3分類、さらに12分類、60分類とグループ分けし、さらに個性も細分すると100万通り以上の分類に分けられます。
この膨大な数の種類と統計にデータをすぐに活用することができるようにしたものもISD個性心理学なのです。