酷暑を乗り切るには?

近年の日本の四季は、春と秋が短く夏と冬が長い気がしませんか?
特に夏の暑さが尋常ではなくなり、熱中症で搬送される人が後を絶ちません。
日本の酷暑を乗り切る方法を書いているホームページを、検索してみました。
20年ぐらい前までは30℃を超えたら暑いと感じていたように思うのですが、今では35℃超えが普通になり、40℃近い日も年に何度かあります。
これまでの東京都の猛暑日(最高気温35℃以上)を見てみると、2004年から2008年の5年間は26日間だったのに、2009年から2013年の5年間では36日となるなど10日も増えています。
といってエアコンばかりを頼っていたら、電気代もバカになりません。
ホームページに、エコな遮熱対策というのが載っていました。
省エネスプレーは、主成分は特殊シリコーン系化合物や精製水などで、窓ガラスに直接吹き付けることで夏の熱い日差しの侵入を軽減してくれます。
遮熱カーテンは、分子レベルまでスチールを細かくした物を吹きつけるなどの加工を施したカーテンで、光を全て遮ることはできないので外の景色が透けて見えますが暑さは多少マシになります。
あとは、すだれや打ち水も気温の上昇を少し抑えることができると書かれているので参考にしてみてください。